三方分山・パノラマ台

  • 2019.05.20 Monday
  • 16:08

富士山が見たくて精進湖のパノラマ台へ行って来ました。

一週間前から天気予報とにらめっこ、まあ、晴れそうだなと出かけましたが、

鳴沢の道の駅でトイレから出たら突然の大雨!

バイクの人たちは大慌て!

「聞いてないよ〜」

 

それでも精進湖の駐車場まで来ると何となく天気は持ちそう。

富士は見えなくとも登るぞ〜

 

駐車場からすぐにあるのが「精進レークホテル」ここが何かというと、

小学校の時の林間学校の宿舎、もっとも50年以上昔なので建物は変わっていますが。

 

湖岸の集落から「中道往還」へと入ります。

中世から江戸時代までの街道です。

街並みに往時がしのばれる雰囲気が残っています。

 

集落を過ぎ、その集落を守るための巨大な砂防ダムをいくつも越えながら、

所々に残る江戸時代と思われる石垣のある道をひたすら峠まで40分も登ります。

昔はこの道を荷を乗せた馬も通ったのだよなあ・・・

 

崩れてはいますが、頻繁に現れる石垣、地元の人々が年貢の代わりに苦役で維持したのだろうな(多分)

 

中道往還阿難坂、坂と峠は同じ意味でそうです。

ここから中道往還と別れ、ここまでもきつかったのにさらに厳しい山道へ。

 

馬の背の尾根道をたどりますが、意外とアップダウンがありますね。

 

ところどころ痩せ尾根が崩落して迂回させられます。

のぞき込むと地獄が見えます、近寄れない、こわっ。

 

三方分山に着きました。ここまでで1時間40分。

あとは楽ちん尾根道、と思ったらとんでもありませんでした。

 

すでに7kmのうち4kmも来たのか。

全然うそ、記録を見たら9.3km歩いていましたもの。

 

楽な尾根道と見えて急なアップダウンの連続。

何度か足が攣りました。

 

峠に降りたと思うと登り返しの連続、消耗します。

 

と言うことで、疲れましたので続きはまたあとで。

 

武蔵境の印鑑・はんこ・印刷専門店【一岳堂】

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM