初めての甲府城

  • 2018.09.07 Friday
  • 17:15

これだけ山梨県へ行っていても行ったことが無かった甲府城、

初めて訪れました。

 

甲府城は武田氏との関りが無いため、あまり興味が無かったのですが、

連れに誘われてきました。

でも、柳沢吉保の築城とのこと、柳沢吉保と言えば武田家の家来だった人物。

武田が滅びた後徳川に仕え、老中まで昇った人。

 

思ったよりも広いのにまず驚き、オベリスクのような恩賜林謝恩塔にもびっくり。

 

再建された黒鉄門(くろがねもん)

 

建設方法もその時代の工法を使い、今の建築基準法に合わない部分のみ補強したらしい。

 

中へ入ると手斧(ちょうな)で削り出した後の残る梁。

 

石落としもありました、固定されて開きませんでしたが。

 

石垣の上の木も「どうなったらこうなるのだろう」という生え方。

 

お濠の石垣には水抜きの穴が・・・

入ってみたいという人がいそう。

 

食わず嫌いだったかな甲府城、良い城ですね。

規模と言い徳川幕府が力を入れていたことが分かります。

柳沢吉保に地元の旧武田家の人々も協力したのでしょうね。

 

近藤勇の甲州鎮部隊が甲府城へ進軍をして2日遅れで新政府軍に遅れをとり、

勝沼の大善寺に陣を張らざるを得なかった。

もし、間に合っていれば・・・でも歴史は変わらなかっただろうね。

 

武蔵境の印鑑・はんこ・印刷専門店【一岳堂】

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM