親を思う「思親山」

  • 2018.08.24 Friday
  • 13:08

続いて訪れたのは山梨県の一番南の南部町にある「思親山」。

海抜は1200mくらいの山ですが、富士山の眺望と日蓮上人が

頂上から故郷の小湊へ向かい、親のことを思ったという山です。

 

身延線の内船駅から幅1車線のガードレール無しの林道をひたすら走ると着くのは佐野峠。

突然現れる立派な駐車場とエコトイレ。

でも途中あまりすれ違いのできる場所はありませんから、山道の苦手な人は来ちゃダメ!

落下道を何百mもバックしなければならないこともありますから。

 

峠から稜線の道はひたすら高度を稼ぐ道。

当然のように階段地獄。

 

それでも上がりきると穏やかな稜線の道となり、

ほどなく広い頂上へ着きましたが、雲が多くて富士山は見えません。

富士宮市は見えましたが。

 

山梨百名山「思親山」の山頂標識に向かい親を思う。

 

風もなく暑くて虫が多いのでさっさと降りてきました。

かすかに見えるのは我が愛車。

 

駐車場に戻って来ても富士山は見えない。

画面の右側に肉眼ではそれらしき山頂が見えるのですが。

 

こちらは上佐野川へ抜ける林道。(登録上は町道)

ほぼ1車線、実はこの先へ行ってみました。

途中からは荒れたダートで、普通車では難儀するかも。

上佐野川集落へは崖沿いの狭い道をぐるっと回る道しか下界から続いていません。

そちらが崩落した場合はこの道が命を繋ぐ道となるのでしょうね。

 

下界へ降りて身延線の近くまで来ると、中部横断道の工事が進んでいます。

来年か再来年には新東名と繋がるという話、出来たら身延線の客がまた減るのだろうな。

 

さすがに南の低山で蒸し暑く、ヒルさんにも遭遇。

想像以上に木々が茂っていて見通しが効かない山でした。

アプローチの狭くて暗い林道から広い駐車場へ出た瞬間が一番の感動かなあ・・・

 

武蔵境の印鑑・はんこ・印刷専門店【一岳堂】

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM