伝統と革新 匠の技の祭典 2018

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 11:38

ブログの更新がしばらく滞っておりました。

なにしろ8月は忙しい日々が続いています。

スキークラブの行事、技能士会の行事、組合の行事、(小さく)家族の行事。

 

去る8月8日水曜日より10日金曜日にわたって、有楽町東京国際フォーラムにおいて、

「伝統と革新 匠の技の祭典 2018」が開催されました。

我が東京都印章技能士会も3年目となりますが、欠かさず参加しております。

 

初日のオープニングセレモニーで、左官技能士会とタイル技能士会、また我が印章技能士会の

コラボ作品のお披露目がメインステージで、小池都知事を迎え行われました。

 

カーテンオープンという形でお披露目となりましたが、というのは作品の重さが半端じゃない。

それはそうです、土壁そのものだもの。

お偉方がずらーっと並んでおりました。

 

主役の小池さん、おしゃれですねえ。

 

我が技能士会からは日展作家の北村鐘石氏が9cm角の石に「匠技祭典」の文字を篆刻。

 

それを全日本マイスターの増澤かんな氏が24cmの手彫りゴム印で再現、

こちらを和紙へ捺印し、壁に貼付しました。

 

会場は3日間で約6万人の来場者、しかし例年に比べ海外の方があまり多くなかった感じ。

広報の仕方に工夫が必要かもしれません。

都内の小学校には告知が行き届いたらしく、夏休みの自由研究にと多くの小学生が来ていました。

 

私たちのブース、いつも人気があり、体験はすぐに予約がいっぱいになります。

ネットでも予約を受け付けてはいるのですが、無断キャンセルや時間を過ぎてから来られたり、

やや問題もありました。

 

それでも多くの方は非常に喜んで楽しまれておりました。

 

3日間にわたって私自身は5時過ぎには店へ出て、仕事の手配をしてから東京フォーラムへ。

イベントが終わった後も店へ戻り、仕事をしなければなりませんから、大変な3日間でした。

来年もあるということなので、心の準備をしておかないと・・・

 

武蔵境の印鑑・はんこ・印刷専門店【一岳堂】

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM