とうとう東京脱出、すみません。

  • 2020.07.13 Monday
  • 15:59

都県境をまたいでの移動が許可されても自粛をしていましたが、

とうとう出ちゃいました。

行きついたところは群馬県富岡市の「一之宮貫前神社」(ぬきさきじんじゃ)。

鳥居から下ったところに本殿があるということで有名。

 

普通の並木道に見えますか?

実はかなりの急坂!見えている鳥居の向こうに貫前神社があります。

 

鳥居まで登って来ました。この写真なら急坂がわかります?

きえ〜、対向車が・・・、まあすれ違いは出来ますが。

 

鳥居の中から車が上がってきた方向を撮りました。

道なんて見えません、この先は階段だし。

この脇を車で上がるのですよ。

 

振り返って神社の総門、道路を挟んであるのですが、実はこの道路が一番高いところ。

神社の中はこの先の下。

 

立派な一対の灯篭があります。

寛永年間の建立、4700両もの費用が掛かったって書いてある。

 

一、金一両二分 市川なんとかさん。

金額の多い順でもありませんでした、規則性なし。

 

総門をくぐると下り階段、なんでこのような作りなのかよくわかりません。

ふ・し・ぎ。

 

やはり神仏混淆の時代があったとのことで、三重塔跡とかもあるらしい。

行きませんでしたが。

 

権現造りかな、神仏混淆ではよくある作り。

江戸時代かな。

 

かなり派手め、栄えた時代がしのばれます。

 

帰りは登り、普通無いよね。

まるで向こうに本殿があるみたいに見えませんか?

向こうは県道と駐車場なのですが。

 

帰り道も同じ道、急な下りで道が見えません。

 

年に何度かスキーの帰りにここにあることを車窓から見ていたのですが、

今回初めて車をおりて歩いてみました。

一度は訪れてよいところだと思います。

 

武蔵境の印鑑・はんこ・印刷専門店【一岳堂】

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM