学校訪問ものづくり授業 新年度1回目

  • 2018.06.15 Friday
  • 18:37

今週は大変です。

土日で4つも「ものづくり授業」が入っています。

我々の技能士会総動員で対応するしかありません。

3人もしくは4人のチームを4つ作り、

授業も2校×2クラスですので、道具も2校分。

私自身は色々な事情から、金曜日の午前中の授業を担当しました。

 

10時40分からの授業に準備の都合上、40分前には行きたいので、

三鷹を8時30分くらいの快速に乗り、9時半前には新小岩。

「充分間に合うな」と思ったら、駅のロータリーが雨で大渋滞。

結局ロータリーを出るのに10分くらい、またその先

停留所ごとに乗り降りがあるのでなかなか進まない。イライラ!

 

ようやく目的の小学校、校門が美的。

ちょうど公開授業が開催されているとのことで、

それに合わせて我々の授業がセットされたようです。

「だからだ、2日間で4つなんて」

 

きれいに整っている校庭や、玄関を見ると期待できる!

 

会場として充てられた理科室を見ても非常に整理整頓がされています。

校長先生も席を立たれてご挨拶に見えられました。

そうなんです、こういう学校は生徒がきちんとしていて非常にやりやすいんです。

多くの時、理科室とか図工室が会場になるのですが、ぐちゃぐちゃの学校もあります。

校長先生や副校長先生、学年指導主事さんたちが「まる無視」のところもあります。

 

学校関係者、東京都から来られた方々へ挨拶を済ませ、

早速準備をします、そのために40分前に来たのですから。

生徒の出席名簿順にセットした篆刻台を並べ、各机には篆刻刀とブラシを配ります。

 

はんこと字のお話を実技に先立ち、20分くらい行いますのでその準備。

書いているのはA講師、講義するのは私。

 

黒板講義が終わり、実技です。

さらさらっと彫り方や安全を教え、なるべく自由に彫らせます。

そうです、篆刻ははんこと違い、自由な面白さが。

 

M講師は丁寧に指導しますが、私は遅くなりそうな子の手助けくらいにします。

見学者の父兄が入れ替わりに入ってきています。

 

そこそこ彫り上げた子の作品を試し捺しをして添削します、時間があれば何回も。

私の担当した子の中では5回の子もいました。

添削して良くなっていく子と、壊してしまう子といますので、そこそこで止めます。

仕上げにその子の大人になった時の目標を書いて署名した半紙に捺印をしてあげます。

やはり今回の生徒たちはきちんとした子が多かったです。

添削をしているときに、早く仕上がった子に片付けを頼んだら

その子が率先してみんなでやってくれました。

いい学校だ!

 

帰りは経路を変え小岩の駅へ出ました。

新小岩の駅の周りは狭いわりに車が多かった印象です。

 

2月から新年度を挟んでいますので、久しぶりの授業でしたが、

講義も話しながら何となく調子が出て来まして楽しかったです。

 

武蔵境の印鑑・はんこ・印刷専門店【一岳堂】

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM